cosmy's diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デザイン

頭上の蛍光灯が点滅するので、侘しい気分になりつつモデリング。
蛍光灯変えれば済むんですけどねー。
wahu.jpg
侘しくなりつつ、昔のことを思い出してみる。
伝統工芸の専門学校にいたころは、こういう↑整列、連続したものを見るのも好きだったですね。
学校が伝統工芸だけに、作るものも和風なものが多かったです。場所も京都やったし。
自分がどこにいるかで作るものって変わるもんやなと思います。
要するに影響されやすいのかもしれないですが。
そういうのは、その時何を綺麗と思うかとかも関係してて、自然と身の回りにある美に関心が向かうからなんでしょうねー。

で、専門学校にはデザインの授業があって、できあがった作品に生徒が投票する仕組みで、
その後に投票されたものを先生が評価するっというかんじでした。
私のにも投票はよく入れてもらえたのですが、決まって先生の批評が厳しい。
「デザインはアートじゃない」と言われたこともあり、
そう言われてもーってかんじで、デザインとアートの境がわからぬまま、結局授業が終わってしまったのですが。

そして、上の画像のような気分で作ったときは、投票は入らないのですが、
「誰も選んでないけど、これはいい。」と褒められるという。
なんとも複雑な気分で終えた授業でしたね。
それで、いまだに思うのです、デザインって何?って。

アートは内面から湧き出るものというイメージはあるのですが。
心理学でいえば、自己実現の過程なのでしょうか。
創造性は無意識の中のアニマ、アニムスに関わっていてそれに接近、統合していくときに生まれるんじゃなかったかな。
アニマ、アニムスは無意識の中の女性・男性のことで恋愛にも関わっているそうです。
アニマが現実の女性に投影されると、恋愛になるようですよ。
実際にはその女性がアニマってわけじゃないのですが。
その投影されたアニマを自分に引き戻すことができたら創造は生まれるそうです。
って心理学用語でわけわかんないと思いますが。しかもうろ覚えなんで、信じない方がいいです。
しかも、引き戻すといったって、どうやって?ってかんじやし。
心的現実での話なんで、物理的現実で腕力で引き戻すなんてことはできないわけやし。

まあでも、理論的に考えたところで結局わからないんやろなと思います。
私にも、違いがわかる日が来るといいんですけどねー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。