cosmy's diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅ればせながら

お正月三が日も済んでしまいましたが、今年初ブログなのでとりあえず、

あけましておめでとうございます!


華やかな画像もなく、寒々しいのですが、
お正月は、お伊勢さんにお参りに行き、アウトレットのバーゲンに行き、警察署(自動車免許の更新)に行っておりました。
全部見事に人混みの中でした。

伊勢神宮と免許更新は、満員電車並みにギュウギュウでした。

免許の方は壁に沿って人が何人も立っているので、背中で電気のスイッチが押されて、始終チカチカしてました。
警察の人が時折「誰か背中で押してませんかー?」と注意を促していたけれど、途中で言うのも諦めていました。

あんまり混雑してて、早く人を出したかったんだろうけれど、
目の検査も、2個しかチェックせず、
講習のビデオも流さず、口頭で「こことここが変わりました、はい解散!」
ってくらい適当なかんじでした。
いいんやろか、これで。

そんな今年のはじまりです。

エンジェルリングが今年はそんな感じっていう何かの暗示だったらいいなぁと思います。
(人がたくさん来るという意味で。)

今年もよろしくお願いいたします。

忘年会づくし

ここんとこ、遊びの話ばかり書いているので、
遊んでばかりやと思われてそうですが、裏ではちゃんと仕事してますよー。
んだけども、今日も忘年会があります。
遊んできます。

忘年会といえば、おとついはエンジェルリングでの忘年会でした。
鴨鍋でしたー。

去年よりお肉の量は少なかったはずなのに、結構のんびりまったり、たらふく食べられました。
というか去年はみんな、肉~!!というかんじに異常に食べるの早かった気が。何やったんでしょう?去年は。

途中からフィギュアを見始めてmko先生が、誰かこける度に、
「あかん!もうあかん!」と言ってるのがちょっとおもしろかったですかお

そして本日でエンジェルリングの今年のレッスンは終わりです。
今年もみなさんありがとうございました!
また4日から通常通りやってますのでよろしくお願いいたします。

石と金

そして、どこへ行ったかというと、

龍安寺と金閣寺。
レアどころか、めっちゃメジャーです(笑)

龍安寺は、石庭がとても有名ですね。
RIMG0683.jpg
石が15個置かれているのですが、どの角度から見ても15個全体を見ることはできないっていう、そんな話を聞きました。
見えない石は心の目で見ろってことですかね。

RIMG0691.jpg
この流線きれいですよね。
どうやって足跡をつけずにこんな綺麗に描けるんでしょうか?
じっと眺めながら、その様子をもんもんと想像してました。

石庭の後は、湯豆腐。
RIMG0702.jpg RIMG0708.jpg
寒かったのもあって、ほくほくと美味しく頂きました。
庭を見ながら食事できるようになっているので、もうちょっと植物の色が鮮やかな季節に行くのも贅沢かもです。

友達のアメリカでの話を聞いていたら、途中でお店の人に
「小麦粉って英語で何ていうんでしたっけ?」とこそっと聞かれて
結構、大きな声でしゃべってしまっていたのやも(^_^;)

外国人のお客さんもたくさん来ていたから、原料についてきっと聞かれたんですね。




RIMG0711.jpg
そして、金閣寺。
どのくらいの量の金を使えば、これだけ壁一面に貼れるのか想像してしまうあたり職業病です。

雨降りだったので、水面があわ立っています。晴れた日だったら水面にもきれいに金閣寺が写ってるんでしょうねー。

その後は河原町まで戻り、錦市場へ。
市場はお正月に向けたさまざまな食品が売ってました。年末なんやなぁ。
クリスマスはどこへやらな雰囲気です。

その中の一店舗で晩御飯を食べましたー。
RIMG0716.jpg
錦市場の食品でそろえたという御膳です。お漬物や田楽や湯葉、どれもおいしかったです。

京都に行く機会は結構あるのですが、観光はすごく久しぶりかもです。
まったりできるところがたくさんあって、改めていいところでやなぁと感じました。

レアな場所

明日は、友達がアメリカから一時帰国してくるので、
京都で落ち合います。

京都のレアな場所に行きたいそうで、
なかなか難しい注文です。

とっさに浮かんだのが、二条陣屋と養源院。

二条陣屋はからくり屋敷。京都に本陣のない大名とかが泊まったりしていたそうです。
落とし階段や武者隠しがあります。

養源院は・・・俵屋宗達の絵が見れるお寺ですが。

どっちかというと、有名なのは「血天井」みたいです。

それは何かっていうと、名前の通り、血がべったりついた天井です。
戦の後の床を供養のために天井にしてるんです。

血天井と書いた看板が門前に高々と掲げてあったにもかかわらず、
全くそれに気づかずに入ったのですが、

もう、ほんま生々しいです。

うすぼんやりと暗いかんじがまた、生々しいパンダ汗
心の準備なしに行く所じゃないです。

いくつかの血天井が見れるお寺の中でも、一番怖いらしいと後で知りました。

興味ある方は京都へ行った際はぜひ♪
(二条陣屋はおもしろかったですよ)

・・でも、はるばるアメリカから帰って来る友達連れてくとこじゃないですよねー。


どうしようかなー。

颯爽と

今年が終わっていきますね。

1年が早い。というか1時間が早い!だから1日も早くて、積もり積もって1年も早いんですね。
忘年会のころはいつも、1年を忘れている場合ではない状況のことが多いです。

そして、もう午後の10時です。帰らなくてはー。



また、たまった内容はいずれ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。